千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

2021-05-07から1日間の記事一覧

ミドリアメフラシ

ミドリアメフラシAplysia oculiferaはアメフラシより小型で、2020年に見つけた個体は最大でも水中で12cm程度だった。写真で示すとおり、明るくやや緑がかった薄茶色の地色に焦げ茶色の斑点が無数にちりばめられた模様をしている。 写真1 ミドリアメフラシ…

アマクサアメフラシ

大小のアメフラシを数多く見られる春の大潮の際に、少し色合いの異なるアメフラシを見つけた。あまり良い写真は撮れなかったが、どうやらアマクサアメフラシAplysia julinaのようだ。体は暗褐色から黄褐色で白斑が全くないヤツから全身を覆うような白斑があ…

ジャノメナマコ(沖縄)

こちらは内房ではなく、沖縄県の奥武島を訪問した際のショットを紹介しよう。沖縄本島南部の奥武島には何度か訪問しているが、ジャノメナマコを見たのはこの時だけ。水深30~40㎝程の船着場に一個体だけが存在していた。撮影に用いたカメラは防水機能のある…

マナマコ

内房の磯ではいくつか色や形の異なるナマコを見つけることができる。 ナマコ類の分類を正確に行うには、採取した個体をアルカリで煮溶かしたうえで顕微鏡で骨片の形を確認するのだそうだ。とても一般人にはできないやり方なので、見た目とネット上で探した画…