千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

旅と鉄道の話(国内編)

箱根登山鉄道線

箱根登山鉄道株式会社は小田原ー強羅を結ぶ鉄道線と強羅ー早雲山を結ぶ鋼索線(ケーブルカー)を有しているが、登山電車が「乗客を乗せて走る」のは箱根湯本ー強羅間のみ。検査区のある入生田ー箱根湯本間は「乗客を乗せずに」走っている。登山電車の名が示…

奈良線の103系

JR西日本には現在も103系通勤電車が走っている。 このうち奈良線を走る103系はNS407編成とNS409編成の2編成を残すだけとなりました。NS409編成は2020年10月10日に吹田工場に検査入場したそうで、出てくるのは半年くらい先のことになるのかな? 残る二編成を…

宗谷本線、2020年12月18日金曜日

2020年12月18日には青春18きっぷとLCC、そして企画券「GoToHOKKAID乗り放題パス(写真1)」を使って北海道・旭川駅から幌別駅間を往復した際の様子を綴ってみる。 2020年にはコロナ感染者が増大している中、3月30日に稚内日帰り往復、8月19日には音威子府日…

いすみ鉄道

いすみ鉄道いすみ線はJR外房線の大原駅と小湊鉄道線の上総中野駅を結ぶ全線非電化の鉄道(沿線自治体や民間企業が出資する第三セクター方式の鉄道事業者)で、元はといえば国鉄の木原線を引継いだ路線だ。大多喜駅付近には山あり谷あり田畑ありと情景に富ん…

小湊鐵道

【一般】 小湊鐵道株式会社の小湊鉄道線はJR内房線五井駅から房総半島を横断するように東側に向かって半島中央部の上総中野駅まで39.1kmを走る全線非電化の私鉄路線だ。沿線は五井駅周辺の住宅地からすぐに田園地帯となり、最後は山奥(!)を駆け抜ける車窓…

銚子電鉄

慢性的な赤字に苦しむことで全国的に有名な銚子電気鉄道株式会社。あの手この手で資金集めを行っている。おかげで会社の主たる収益はぬれ煎餅などの米菓製造・販売によるものだとか。陰ながら応援しております。 銚子電鉄鉄道線(略して銚子電鉄あるいは銚電…

京葉臨海鉄道

JR蘇我駅から分岐してJR長浦駅近くの京葉久保田駅(貨物ヤード)まで、京葉工業地帯にある各企業の事業所の原料や製品を運ぶ貨物専用線。自宅から自転車で10分ほどで行けるのだが、一日に数往復しか走っていないのでなかなか行けずにいる。春は北袖あたりに…

江ノ電

JR鎌倉駅から江ノ島の脇をかすめ、JR藤沢駅までを走る江ノ島電鉄株式会社の鉄道路線、通称「江ノ電」。住宅の間を縫うように走り、トンネルを抜け、路面電車となる場所があり、高架上を走りと様々な顔を見せてくれる。2020年は現時点で最長老の300形305-355…

長野電鉄

長野電鉄では2020年9月25日に元営団日比谷線の3000系車両からなる3600系L2編成を引退させた。今後は残る元営団3000系・現在の長野電鉄3500系N編成8本を2022年までに引退させるとのことだ。 さて私は1990年7月までは東京に住んでいたのだが、日比谷線は利用範…

岐阜駅前のモ513

岐阜駅前に2019年11月16日に据え付けられたモ513。 暗くなってから立ち寄った際に撮影したものですが、懐中電灯でアゴの下から照らすように感じになっているのですね。なんだか怖いゾ。 写真1 おどろおどろしい雰囲気のモ513。EOS70D, EF-S18-55mm, ISO400, …

宗谷本線、2020年8月19日

青春18きっぷを利用して旭川駅から音威子府駅を往復した際の様子を綴ってみる。 宗谷本線には小さな駅が多く、2021年3月にはかなりの数の駅が廃止となる予定だ。さらに言うなら名寄より北側は存続の危機にさらされている。行くなら今のうちだ。 さて2020年8…

札幌市電

札幌市内を走る古そうな感じのM101号車。実際1961年製造なので今年(2020年)で59歳、ボクより歳上だ。コイツも2021年度中に引退するという報道が9月4日ごろにありました。 写真1 札幌市内を走るM101号車。2019年2月27日撮影 札幌市電の営業車を製造年順に並…

「旅と鉄道」のコーナーについて

ムシやサカナも好きだが、旅行も好きだ。鉄道も大好きだ。 2000年代ごろからは「昭和40年(1965年)以前に製造された車両」であり、かつ「自分好みの塗装をした車両」を中心に「撮り鉄」をし、また「乗り鉄」でもある。「自分好みの塗装」とは平たく言えばオ…