千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

近所で見かける陸棲生物

カタツムリ

散歩すると何故かモヤモヤした気持ちになる場所がある。何が原因だろう?何かが引っかかる。何かが違う・・・。そう思いつづけて一年、ようやく原因が判った。散歩の際に通過するあるエリアだけ、見かけるカタツムリの全てが左巻きだったのだ! 注1:日本には80…

イノシシの痕跡

袖ヶ浦市の久保田や蔵波の里山エリア付近の田んぼや畑には電気柵が巡らせてあり、茂みの近くにはイノシシ捕獲用のワナが各所に設置されている。 写真1 イノシシ捕獲用の罠。(2021年1月4日、袖ヶ浦市椎の森公園) 「この辺りに夕暮れ時によく出てくるヨ!」…

オオゲジ

ゲジという生物がいる。一般に”ゲジゲジ”と呼ばれていたムカデの仲間で、体長は2~3cm、足を広げると5~8cm程度の大きさになる。 それを大型化したのがオオゲジ Thereuopoda cluniferaで、こちらの体長はゲジの倍の4~7cm程度の大きさになる。足を広げると10…

足跡

畑に遺された足跡を観察する。 どうやらノウサギがいるようだ。 写真1 特徴的なノウサギの足跡が近所の畑に遺されていた。EOS70D, EF70-200㎜F4L IS USM, ISO200, 1/250sec., f=8.0。手持ち撮影、トリミングあり。2020年10月25日、千葉県袖ケ浦市蔵波 写真2 …

オオミスジコウガイビル(大三筋笄蛭)

湿った切通しやその近くの道路、水路によく見られるオオミスジコウガイビルBipalium nobile。私自身は小雨の降る2020年7月14日の散歩中にみつけたが、その時はカメラを持っていなかった。翌朝、道路が湿っている間に再度発見場所を訪問したところ、合計4匹を…