千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

ショウリョウバッタモドキ

 ショウリョウバッタモドキGonista bicolorは市内内陸部(内房線の山側)の農地・緑地でも見られるが、特に国道16号線中央分離帯や周辺や東京湾沿いの工場緑地に多く見られる。イネ科の雑草が多いからだろうか。

ショウリョウバッタのような面長な顔をしているが、見慣れるとショウリョウバッタとは全然違うことが判る。

人影を認識すると直ぐに草の反対側に隠れてしまうことが多いので、撮影するときにはゆっくり慎重に接近するとよいだろう。

f:id:Unikun:20201001113623j:plain

写真1 ショウリョウバッタモドキ。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/800sec., F=8.0。手持ち撮影、トリミングあり。2020年9月30日、千葉県袖ケ浦市

 

f:id:Unikun:20201001113702j:plain

写真2 ショウリョウバッタモドキ(写真1とは別個体)。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/800sec., F=8.0。手持ち撮影、トリミングあり。2020年9月30日、千葉県袖ケ浦市

 

以上

編集履歴

2020年10月01日 公開

2020年12月28日 見直し更新(第1回目、字句表現等見直し)