千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

クビキリギス

クビキリギスEuconocephalus thunbergiは体長55-65mm程度の比較的大型のバッタだ。全身緑色の個体、全身褐色の個体、緑色の体に片方の翅だけ褐色の個体など、体色には様々なバリエーションがある。まれに赤い個体もみつかっている。

 2020年は7月以降はしばらく目にしなかったが、11月22日になって椎の森で数匹をみつけることができた。

f:id:Unikun:20201010191702j:plain

写真1 左肩付近だけが褐色のクビキリギスPentax Optio WG-1,SO400, 1/400sec. , f=4.6。手持ち撮影、トリミングあり。2020年6月23日、千葉県袖ケ浦市

 

f:id:Unikun:20201010191728j:plain

写真2 クビキリギスの頭部を拡大して撮影。Pentax Optio WG-1, ISO400, 1/250sec. f=4.6。手持ち撮影、トリミングあり。2020年6月23日、千葉県袖ケ浦市

 

f:id:Unikun:20201122161917j:plain

写真3 褐色個体。口器がオレンジ色であることが判る。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/250sec., f=11。手持ち撮影、トリミングあり。2020年11月22日、千葉県袖ケ浦市椎の森公園

 

f:id:Unikun:20201122163630j:plain

写真4 口器がオレンジ色であることを確認するため、写真3の口元付近を拡大。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/250sec., f=11。手持ち撮影、トリミングあり。2020年11月22日、千葉県袖ケ浦市椎の森公園

 

f:id:Unikun:20201122161955j:plain

写真5 上から見た褐色個体。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/250sec., f=11。手持ち撮影、トリミングあり。2020年11月22日、千葉県袖ケ浦市椎の森公園

 

f:id:Unikun:20210609230043j:plain

写真6 草むらで見つけた赤色個体。アングルが悪く、撮影後に捕まえて「やらせ写真」を撮ろうとしたが、逃げられてしまった。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/125sec., f=8.0。内蔵ストロボ発光、手持ち撮影、トリミングあり。2021年6月3日、千葉県袖ケ浦市久保田

 

f:id:Unikun:20210609232007j:plain

写真7 長浦駅近くの街路樹の近くで数日前からジィィィ・・・と甲高い音で鳴いていた雄。撮影日には力尽きる寸前という感じでトーンが低く、すり切れたような音になっていた。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/125sec., f=8.0。内蔵ストロボ発光、手持ち撮影、トリミングあり。2021年6月9日、千葉県袖ケ浦市長浦駅

 

f:id:Unikun:20210609232040j:plain

写真8 写真7と同じ個体を右側面やや後方から撮影。画像を左に90度回転させ、トリミングでアップしてみる。暗い中でよくもここまでピントが合ったものだと我ながら驚いている(マニュアルフォーカスだよ)。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/125sec., f=8.0。内蔵ストロボ発光、手持ち撮影、トリミングあり。2021年6月9日、千葉県袖ケ浦市長浦駅

 

以上

編集履歴

2020年10月10日 公開

2021年06月09日 見直し更新(第2回目、写真6~8追加)