千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

アオマツムシ

 アオマツムシTruljalia hibinonisは袖ケ浦のどこでも見られる昆虫だった・・・ハズなのだけど、コロナウイルス蔓延防止のために外出自粛となり、買い物ついでに昆虫観察を”真剣に”始めた2020年には一匹だけしか目にすることができなかった。それも地上高3mほどの樹木の葉の上にいて背中からお尻しか見せてくれないヤツだ。

 今年の状況が異常なのか、ここ数年で数を減らしてきているのか?来年以降も注意して観察してみたい。

f:id:Unikun:20201102152507j:plain

写真1 背中を向けるアオマツムシ。2020年シーズンに見つけたのはこの一匹だけだった。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/250秒, f=8.0。手持ち撮影、内蔵ストロボ発光、トリミングあり。2020年9月16日、千葉県袖ケ浦市

 

 2021年シーズンは8月30日になって、ようやく一匹の成虫を公園のツツジの葉の上で見つけた。

f:id:Unikun:20210905110512j:plain

写真2 2021年シーズン初のアオマツムシ。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/200秒, f=10。手持ち撮影、内蔵ストロボ発光、トリミングあり。2021年8月30日、千葉県袖ケ浦市

 

f:id:Unikun:20210905110529j:plain

写真3 写真2の個体を反対側から撮影。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO400, 1/200秒, f=10。手持ち撮影、内蔵ストロボ発光、トリミングあり。2021年8月30日、千葉県袖ケ浦市

 

以上

編集履歴

2020年11月02日 公開

2021年09月05日 見直し更新(第1回目、写真追加)