千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

クルマバッタモドキ

袖ケ浦市蔵波の畑の脇で見つけた茶色地のバッタ。

体長はツチイナゴより一回り大きい5cm程度、頭がデカくて胸部の背中の上部より上に頭頂部がある。図鑑を眺めるとどうやらクルマバッタモドキらしい。コイツも緑色地のものがあり、また別名「ヒメクルマバッタ」とも言うようだ。和名が示す通りクルマバッタに似ているが、産地や生息数はこちらの方が多いという。しかし2020年のシーズンにはこの一頭しか見つけることはできなかった。(もともと長浦駅周辺ではトノサマバッタやクルマバッタはほとんど目にしない。埼玉県入間基地の南端付近では良く見かけるのだが・・・。)

f:id:Unikun:20210125232151j:plain

写真1  クルマバッタモドキ。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/200sec., f=9.0。手持ち撮影、内蔵ストロボ発光、トリミングあり。2020年8月29日、千葉県袖ケ浦市蔵波

 

f:id:Unikun:20210125232218j:plain

写真2  写真1と同一個体。陽が差した時のショット。EOS70D, EF70-200mmF4L IS USM, ISO200, 1/250sec., f=11。手持ち撮影、トリミングあり。2020年8月29日、千葉県袖ケ浦市蔵波

 

以上

編集履歴

2021年01月25日 公開