千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

伊予鉄(鉄道線)

<編集履歴> 2024年6月15日

 

 伊予鉄道株式会社は松山市内を走る市内線(路面電車)と松山市を中心とした近郊区間の鉄道線(私鉄)を運行している。この記事では鉄道線の話のみを掲載する。市内線線(路面電車)の話は別記事を参照願います。

・参考/本Blog内の伊予鉄市内線(路面電車)の話はこちら;

伊予鉄(市内線/路面電車) - 千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

 

写真1-1, 1-2 伊予鉄3000系は元京王帝都電鉄井の頭線(3000系)で使われていた車両で、2009年8月から伊予鉄での運行が始まっている。当初は井の頭線塗装のままであったが、伊予鉄オリジナルとなり、2015年5月25日の「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」発表以後は順次橙色一色に変更されている。2021年に旧塗装最後の編成が塗色変更されている。(2021年7月24日撮影)

 

写真2-1, 2-2 伊予鉄700系は元京王帝都電鉄の5000系だ。1986年末ごろから1992年末頃に譲渡され、1年程度の期間をかけて改修・改造工事を行った後に運用に就いた。車両ごとに譲渡時期、購入時期、伊予鉄における運用開始時期にタイムラグがあるので、文献等を読みこなす際には注意が必要だ。(2021年7月24日撮影)

 

写真3 伊予鉄名物の路面電車との平面交差。(大手町駅脇、2021年7月24日撮影)

以上