千葉県袖ケ浦市周辺の生物など

千葉県袖ケ浦市や内房エリアの動植物のお話など。鉄道やヒコーキもあります。

2020-11-02から1日間の記事一覧

アメフラシ

内房の磯ならどこでも見られるアメフラシAplysia kurodaiだが、じっくり観察すると本種の他にアマクサアメフラシ、ミドリアメフラシ、タツナミガイの3種類程度が生息しているようだ。いずれも3月ごろから1~3cm程度の個体が姿を現し始め、4月後半~6月頃には…

アケビ

秋の味覚の一つアケビ。 6月ごろに花をつけ、小さい実がだんだんと大きくなっていた。9月末頃での実の大きさは小さいもので7㎝程度、大きなものだと15㎝ほどだったろうか。蔓の途中に1個から5個ほどが実っていた。もうそろそろ口を開けるかな?と思い始めた9…

アオマツムシ

アオマツムシTruljalia hibinonisは袖ケ浦のどこでも見られる昆虫だった・・・ハズなのだけど、2020年には一匹だけしか目にすることができなかった。それも地上高3mほどの樹木の葉の上にいて背中からお尻しか見せてくれないヤツだ。 今年の状況が異常なのか、…